業者にお願いする際はサービス内容やスタッフの対応を見て考えよう

ペットが亡くなったらどうするか考えなくてはいけない

大切なペットが亡くなったら、そのままにせずどうするのか考えなくてはいけません。
自宅の庭などに埋めるという方もいらっしゃいますが、小さい動物であれば良いですがある程度大きさがあると難しいです。
また虫がたかってしまうなど、衛生的にもよくありません。
これまではペットが亡くなったら、焼却するために自治体や環境衛生局にお願いして引き取ってもらうことがほとんどでした。
しかし焼却はしてもらえますが、焼却処分とゴミと同じように燃やされてしまうため抵抗があると感じるかもしれません。
ペットはモノ扱いとなるので焼却処分をしていましたが、大切な家族の一員をゴミと同じように燃やされたくないとの意見も多く出ていました。
最近は人間と同じように火葬ができるように、サービスを提供する業者も増えてきました。
ある程度大きさもあり庭などに埋めることが難しい、ゴミと同じように焼却されることには抵抗があるという際は、業者にお願いして火葬してもらうのもおすすめです。
全国的にもペット葬儀社が増えてきましたので、自宅の近くなど便利な場所で業者がないか調べてお願いしましょう。

訪問してもらうか、もしくは直接足を運ぶか

ペットが亡くなり葬儀社に火葬をお願いする際は、直接足を運ぶか訪問してもらうか考えましょう。
業者によっては自宅など指定した場所に訪問してくれます。
自宅からは少し距離があり直接足を運ぶことが難しい場合は、訪問してもらうと便利です。
また近場であっても、ペットが大きくて運ぶことが難しいケースもあります。
訪問の場合は自宅まできてもらえるのか、また訪問対応地域か確認してから依頼してください。
ホームページもしくは、直接電話やメールをして詳細を聞くことをおすすめします。
直接足を運ぶ場合も、自宅まで訪問してもらう場合も予約が必要となることがほとんどです。
事前に連絡をし、希望の日時を知らせて予約を取ってください。
忙しい中大変かもしれませんが、約束した時間に余裕を持てるようにしましょう。

葬儀社によってサービス内容もさまざまです

ペット火葬をお願いする際は、どこの業者にお願いをしようかと悩むかもしれません。
自宅から近いところなど場所で選ぶのも良いですし、業者のサービス内容を見て選ぶのもおすすめです。
近場にいくつか葬儀社がある場合は、サービスの内容を確認し魅力なプランを提供しているところにお願いするのも良いです。
火葬をしてもらえるという点は同様でも、その後のサービス内容が異なることが多々あります。
自宅でお骨を保管しない場合は供養をお願いする方が多いですが、霊園が近くにあるか確認することも大切です。
霊園には通いやすいのか、交通の便はどうなのかしっかり確認して決めることをおすすめします。
提携している霊園が複数あるケースもありますので、それぞれ霊園の場所を確認してください。

スタッフに支えてもらうと安心

ペットが亡くなると動揺することや、悲しい気持ちになり何も手につかないことが考えられます。
しかしずっとそのままにしておくわけにはいかないので、いずれはお別れをしなくてはいけません。
葬儀までの流れ、また葬儀が終わってからの流れについて詳しく案内してくれる業者だと安心です。
また事務的に対応するのではなく、親身に声をかけてくれると安心できます。
はじめてペットが亡くなりどうすればよいのか分からない、大事な家族の一員だったのでしっかりお別れしたいと悩む方も多いです。
業者に連絡した時にスタッフがどう対応したのか、不安が解消できるようにとあたたかくサポートしてくれたのか、判断して業者えらびをすることが大切です。

No comments

Leave a Reply

CAPTCHA