大切な家族の一員として扱ってくれます

ペットも大切な家族の一員です

以前はペットが亡くなったら地域の自治体などに連絡し、焼却してもらうことがほとんどでした。
焼却処分となりものと同じ扱いとなることから、丁重に扱って欲しいとの声も多かったです。
最近はペット葬儀を取り扱う業者も出てきたことから、人と同じように葬儀を行う方が増えてきました。
人と同じように扱って欲しい、大切な家族の一員だから大切にして欲しいという思いからペット葬儀を利用されることが考えられます。
ペット霊園の対応もさまざまですが、ペットを大切にしてくれるかを重視して霊園を選ぶことをおすすめします。
事務的に淡々と受け答えをするのではなく、この度はお悔やみ申し上げますなど気遣いの言葉をかけてくれると良いです。
大変な時かと思いますが準備をなさってくださいなど、気遣いながらも背中を押してくれる霊園だとさらに安心できるのではないでしょうか。
ペットが亡くなったときは深く悲しんでいて、通常と同じように判断ができないこともあります。
つい冷静さを欠いてしまうこともありますが、落ち着いて進められるようにフォローしてもらえる存在を探してください。
ペットを見て手をあわせてくれるなど、細かい気配りをしてくれるスタッフもいます。

火葬後のスケジュールを考えよう

ペットを火葬した後、お骨をひろいそのまま家に持ち帰ることもできますし、提携している霊園に供養してもらうこともできます。
一旦家にお骨を持ち帰って、四十九日がきたら霊園に納骨されるという方も多いです。
四十九日がくるまで今後について考えたい、これからどうしようかいまは判断できないので家族と話し合いたいというケースもあります。
火葬後すぐにどうするか決める必要はないので、一旦家にお骨を持ち帰って家族と相談することをおすすめします。
四十九日の法要など、人と同じように行ってくれる霊園も多いです。
霊園によってサービス内容が異なるので、今後のスケジュールを確認されることをおすすめします。

ペットとの思い出を残すために

ペットが亡くなったことが悲しいと、現実を受け止められないご家族さまも多いです。
これからもペットのことを忘れないように、大切な家族の一員だったと思い出に残るように供養する方法もおすすめです。
人と同じように供養するためのアイテムが販売されています。
ペット用のお仏壇、骨壷、位牌などその他さまざまなアイテムがあるので確認してください。
自宅にペット用のお仏壇など供養アイテムを置くことで、いつでも思い出すことができます。
四十九日が終わってからもお別れをしたくない、そばにいて欲しいと考える際にもおすすめの方法です。
お骨は霊園やペット葬儀店に供養をし、写真を飾って残しておくという方もいらっしゃいます。
ご自宅内にスペースがあるか確認し、都合が良い方法を選択されることをおすすめします。
アフターフォローを受けることができるので積極的に利用しよう大切なペットが亡くなったことで深く落ちこんでしまい、以前のように笑って生活ができないという方も珍しくありません。
メモリアルグッズを用意するというのも1つの方法ですが、ペットロスから回復するために支援してくれる業者もあります。
セミナーを開く場合や、スタッフが相談に乗ってくれるなどご家族さまのことを考えてアドバイスやフォローをしてくれます。
どうしても辛い、仕事や家事が手につかないなど深く悩んでいるときは積極的に利用してください。
また同じくペットを失ってしまった方と話をして、辛い思いを打ち明けるのもおすすめです。
ペット葬儀を利用する際は、アフターフォローがあるかも確認するなど詳細を調べることをおすすめします。

ペット葬儀の業者さんが解説するペットの葬儀について「ペット葬儀はどこまでしてくれるの?

No comments

Leave a Reply

CAPTCHA