火葬の方法やその後の保管方法を考えてください

ペットを火葬する方法について

大切なペットが亡くなったときは、人間と同じように火葬したいと葬儀社にお願いされる方が増えてきました。
葬儀社で火葬してもらう場合ですが、他のペットと一緒に火葬する場合と個別に火葬する場合があります。
家族の一員として大切にしてきたから、個別で対応して欲しいと考える方も多いです。
その場合は個別に対応してくれる葬儀社を探し、個別でお願いしたいと伝えてください。
個別で火葬した場合ですが、お骨を拾うことができるケースが多いです。
お骨をご家族で拾うのか、それともスタッフに任せるのかも考えなくてはいけません。
お骨をスタッフに拾ってもらった場合は、後日お骨を送ってもらうか、それともそのまま供養してもらうか選ぶこともできます。

火葬後どうするのか考えよう

ペット火葬を行った後、お骨を拾うこととなりますが自身で拾うのかスタッフにお願いするのか考えなくてはいけません。
またお骨を自宅に持ち帰るのか、それとも預けるのかも考える必要があります。
お骨を預ける場合ですが、霊園に供養してもらうか葬儀社で預かってもらうか選ぶこともできます。
葬儀社の中には葬儀社内にスペースを設けており、お骨を保管ができるようになっています。
お骨を安心して保管ができるよう、個別にスペースを設けるなどサービスを徹底しているところもあります。
自宅に保管すると、お骨を見るたび辛い思いをするという際は葬儀社に預けるか霊園に供養してもらうのもおすすめです。
さまざま方法があるので、よく考えてどうするのか選択する必要があります。
しかしペットが亡くなった直後に色々と考えられないと悩む場合は、一旦自宅にお骨を持ち帰り、後日返事をしても問題ありません。
落ち着いてからどうするのか考え、そのまま自宅に保管しておくのか、葬儀社内もしくは霊園に預けるのか返事をしてください。

火葬をしてくれる車があります

ペットを火葬する際は、葬儀社内で火葬をする方法や火葬ができる車で対応してくれることもあります。
移動式の火葬車の場合ですが、自宅など指定した場所まで来てもらいその場で火葬をしてもらう流れとなります。
本当に火葬してもらえたのか不安、目の行き届くところで火葬して欲しいとお考えの方にもおすすめの方法です。
火葬車で火葬する場合は、ある程度スペースが必要となるので注意してください。
細かくは葬儀社によってルールが異なりますが、まず駐車スペースが必要となります。
自宅の近辺に車を停めるスペースがあるのか、停めていても迷惑にならないかなど近隣の状況を確認してください。
火葬車にも種類があり、軽自動車タイプやワゴンタイプなど大きさもさまざまです。
軽自動車であれば停められるなど、希望を伝えてください。
無臭無煙で、ダイオキシンを発生しにくいように工夫もされているので安心です。
ご自身で所有している車を停めているスペースに火葬車を停めて、火葬をする方法をとられる方もいます。
車の上から水蒸気が出るので、近くに燃えやすいものがないかなど確認する必要もあります。
色々確認する事項はありますが、近くに葬儀社がなく出向きにくいという方にも人気がある方法です。
自宅まできてもらえるのか対応地域かどうか確認することと、周辺の環境に問題がないかをクリアすれば問題ありません。
中には24時間365日、火葬車の手配を対応している葬儀社もあります。
火葬車で火葬した場合は、お骨をご家族で拾われる方が多いです。
スタッフに任せても問題ありませんので、どちらが良いか伝えてください。
お骨を拾いそのまま自宅で保管をするのか、それとも霊園にて供養をしてもらうのか、葬儀社が所有するスペースに預けるのかも選べます。

No comments

Leave a Reply

CAPTCHA